C.句動詞:文法とスタイル

ホーム » C.句動詞:文法とスタイル

文法:他動詞

いくつかの句動詞は、他動詞であり、直接目的語を必要としません。

  • 子供たちは成長しています アップ。 (=年をとって成熟する)
  • 医者は私に言った リー ベッドに倒れます。
  • 待ってはいけません。 来て下さい インチ (=入力)
  • 私は泊まるつもりです in (=家にいる)今夜。

これらの動詞では、動詞と副詞の間に別の単語を入れることはできません。

文法:他動詞

しかし多くの句動詞は他動詞で直接目的語を必要とします。

これらのいくつかでは、動詞と副詞の間にオブジェクトを置くことができます。

靴を履く/テレビの電源を入れる/靴を履く/テレビの電源を入れる/

目的語が代名詞の場合、動詞と副詞の間になければなりません。

入れて on / [ではない thをつけるem]電源を入れる/ それをつけなさい]

注:A あなたが動詞と副詞の間に単語を置くことができるかどうか辞書はあなたを見るでしょう:

スタイル:正式または非公式

いくつかの句動詞は、書かれた英語または話された英語で等しく使用することができます。 時々これは句動詞の意味を表現する他の簡単な方法がないためです。

  • 私はいつも起きます up 早くも、週末も。
  • 高速道路で車が故障した(=故障した;作業を中止した)。
  • 飛行機は取れなかった オフ 悪天候のため。
  • 泥棒は家に侵入し(=力で違法に入った)、お金、クレジットカードそして私の全ての宝石類を受け取った。

非形式句動詞

しかし、ほとんどの句動詞は非公式で、話し言葉の英語ではより一般的です。

書かれた英語では同じ意味を持つより正式な言葉がしばしばあります。

  • 私たちは作らなければなりませんでした up ストーリー。 (=私たちの想像から発明/創作)
  • 私は通常できる 取得する 週に約£200までに。 (=管理)
  • あなたは去ることができます でる 質問7。 (=省略、つまり質問7をする必要はありません)
  • 彼らは問題を抱えていて、彼らはそれを分類するよう私に頼みました 不足しています。 (=解決(それ)/解決策を見つける/それについて何かをする)

Facebookのコメント