数のプロパティ

ホーム » 数のプロパティ

1. 整数

整数は整数です.. -4、-3、-2、-1,0、1,2,3,4,5……。

正の整数は数値1,2,3,4,5…です。

ゼロは正でも負でもありません。

負の整数は、数字-1、-2、-3、-4、-5、-6、-7です。

連続した整数はx、x + 1、x + 2、…と書かれます。

連続する偶数または奇数の整数は、x、x + 2、x + X NUMX、x + X NUMX、…と書かれます。

2. 非整数

非整数は小数部分を持つ数字です。

非整数の例は、t、3.75、-1 / 2、5 / 6、およびpiです。

3. 符号付き数字の加算/減算

正と負を追加するには、最初に符号を無視して、数字部分の間の正の差を見つけます。 次に、元の番号の符号を大きい番号の部分と一緒に付けます。

たとえば、41と-28を追加するには、最初にマイナス記号を無視して、41と28の正の差、つまり13を見つけます。 それから私達はより大きい数部分と数の符号を付ける。 この場合、それは41からのプラス記号です。 つまり、41 +(-28)= 13です。

それらを足し算にすることで引き算を単純にします。 たとえば、

-18 +(+ 26)として-18 - ( - 26)。

プラスとマイナスの文字列を足したり引いたりするには、まずすべてを足し算にします。 それから

正と負を組み合わせて、文字列が単一の正の和になるようにします。

数と単一の負の数。

4. 符号付き数値の乗算/除算

プラスとマイナスを掛けたり割ったりするには、しびれをいつものように扱い、 元々奇数の負数があった場合は、マイナス記号を付けます。

たとえば、-2、-4、および-6を乗算するには、最初に数値部分を乗算します。

2 X X NUMX X X NUMX = X NUM X。 それから、戻って、3つの負数(奇数)があったことに注意してください。

積は負である:( - XNUMX)X( - XNUMX)X( - XNUMX)= - XNUMX。

5. 操作の順序

次の順序で複数の操作を実行します。

a)括弧

b)指数

c)乗算と除算(左から右)

d)足し算と引き算(左から右)

式9 -3 X(6 -3)+ 6 / 3では、かっこで始めます。(6 -3)= 3。 それから指数をしなさい:(3)(3)= 9。 これで、式は次のようになります。9 -3 X 9 + 6 / 3。 次に、乗算と除算を実行して9 - 21 + 2とします。これは-10と同じです。

6. 連続する整数のカウント

連続した整数を数えるには、 最大値から最小値を引いて1を加えます。 カウントする

18から56までの整数から、56 -18 = 38を減算します。 次に1を追加します:38 + 1 = 39。

7. 絶対値

任意の数値の絶対値は、数値行のゼロからの距離です。 正数の絶対値は単にその数です。 負の数の絶対値を見つけるためには、単に負の符号を落としてください。 絶対値は、数値の周囲に2本の垂直線を引くことによって表されます。 したがって、8の絶対値= / 8 / = 8です。 -43 = / -43 / = 43の絶対値。 ゼロ以外の数値の絶対値は いつもポジティブ。 0の絶対値は0です。

Facebookのコメント