いいえ、ない/なし

ホーム » いいえ、ない/なし

1. いいえ 決定要因です。 を使用しております いいえ 単数形(可算無数)の名詞と複数形の名詞の前に。
いいえ と同じ意味 ない またはnその他、 しかし私達は使用します いいえ:

(a)文頭に
(b)否定的な考えを強調したいとき。

a.

  • いいえ タバコは完全に無害です。 (NOT タバコはありません…)
  • いいえ ビール? 私がビールなしで歌うとどう思いますか?
  • いいえ 観光客が村に出てくる。

b.

  • 私はそこに着くことができません。 あります いいえ バス。 (そこよりも強調されている ない バス)
  • 申し訳ありませんが、やめられません。 私が持っている いいえ 時間。
  • があった いいえ 今朝のあなたへの手紙、怖いです。

2. 誰も、何も、誰も   どこにも 同様の方法で使用されています いいえ.

比較:

  • 誰も 来た。 (NOT 誰も来なかった)
  • 私が見た 誰も (私よりも強調したいない 見る 誰でも)

3 使うだけ いいえ 名詞の直前 それ以外の場合は なし(of)

    Facebookのコメント