のように

ホーム » のように

Like = '似ている'、 '同じ'。

  • なんて美しい家でしょう。 宮殿みたいだ (ない 宮殿として)
  • 「サンドラは何をしますか?」 「私のように、彼女は先生です。」 (ない 私のように)
  • 注意してください! 床は磨かれています。 氷の上を歩くようなものです。 (ない 歩くように)
  • また雨が降っている。 こんな天気が嫌いです、 (ない これとして)

これらの文章では、 前置詞。
それでそれは続きます 名詞 (宮殿のように)、 代名詞 (私のように/このように)または-ing(歩くことのように)。

「…(誰か/何か)が何かをするのが好き」と言うこともできます。

  • 'その騒音は何ですか? 「赤ちゃんが泣いているようですね」

時には=のように

  • モーターレースのようなスポーツでは危険なものもあります。

(=など)のように使うこともできます。

  • モーターレースのようなスポーツは危険です。

As =と同じ方法で、または同じ条件で。

以前と同じように使っています 主語+動詞:

  • 私は何も動かさなかった。 私はすべてをそのままにしました。
  • 私が示したように、あなたはそれをしたはずです。

インフォーマルな話し言葉の英語でも同様です。

  • 私はすべてをそのままにしました。

と同じように比較してください。

  • 私が示したように、あなたはそれをしたはずです。 (または私があなたに見せたように)
  • あなたはこのようにしたはずです、 (ない これとして)

我々はいつものように/いつものように言うことに注意してください。

  • あなたはいつものように遅れています。
  • いつものように、ニックは文句を言った最初の人でした。

時々(+ 主語+動詞) 他の意味があります。

例えば、doの後:

  • あなたは好きなようにすることができます。 (=好きなことをする)
  • 彼らは約束通りにした。 (=彼らは約束したことをした)

私達はまたあなたが知っているように/私が言ったように/彼女が期待したように/私が思ったように/ /

  • ご存知のとおり、来週はエマの誕生日です。 (=あなたはもうこれを知っています)
  • アンディは予想通り運転免許試験に失敗した。 (=彼は以前にこれを期待していた)

sayを除いて、これらの式ではlikeは普通ではありません(私が言ったように)。

  • □昨日言ったように、私たちは問題を解決できると確信しています、 or 私が昨日言ったように…

またすることができますように 前置詞、 しかし、意味はlikeとは異なります。

  • Sue Caseyは会社のマネージャーです。
    マネージャーとして、彼女は多くの重要な決断をしなければなりません。
    (管理者として=管理者としての地位にある)
  • Mary Stoneがアシスタントマネージャーです。
    マネージャー(Sue Casey)のように、彼女も重要な決断をしなければなりません。
    (マネージャのように=マネージャに似ています。)

As (前置詞)= の位置に、などの形で:

  • 数年前、私はタクシー運転手として働いていました、 (ない タクシー運転手のように)
  • 私たちは車を持っていないので、私たちはワークショップとしてガレージを使います。
  • 「仕事」や「雨」などの多くの単語は、動詞または名詞として使用できます。
  • ロンドンは訪れるのにふさわしい場所ですが、私はそこに住みたくありません。
  • その悲劇のニュースは大きな衝撃として現れました。

Facebookのコメント