アットインオン(時間)

正確な時刻に

一日のうちに

+特定の日に

+週末、祝日

より長い期間

1 正確な時間

  • 私はいつも起きます 6時に
  • お会いしましょう 4.15で
  • 電話して 昼食時間に

非公式の英語では、 何時に…?
(何時に…? 正しいですが、変わっています。)

2 その日の一部

  • 私は最高の仕事をします 午前中に
  • 三時 午後に
  • 私達は通常出かけます 夕方に

例外:夜間

を使用しております on 私たちが話しているのは午前/午後/ etcなどと言うと、
あるいは、朝/午後/などを記述した場合

  • あなたを参照してください。 月曜日の朝
  • それがあった 寒い午後に 早春に…

3 日々

  • 電話します 火曜日に。
  • 私の誕生日 月21stに。
  • 彼らはパーティーを開いています クリスマスの日に。

非公式のスピーチでは、私たちは時々省略します(これはアメリカ英語で一般的です)

  • 私は彼女に会いました 日曜日の朝。

複数形(日曜日、月曜日など)の使用に注意してください。
繰り返しの行動について話すとき。

  • 我々は通常おばあちゃんを見に行く 日曜日に。

4 週末と祝日

を使用しております at クリスマス、新年、祝日のすべてについて話す
イースターと感謝祭(アメリカ)

  • あなたは去りますか イースターに?

休日のある日について話すのに使っています

  • それは起こった イースター月曜日に。

イギリス人は言う 週末に。 アメリカ人は使用します。

  • あなたは何をした 週末に?

5 より長い期間

  • それは起こった その週に クリスマス後
  • 私は生まれた 3月
  • ケントはきれい 春に
  • 彼は死んだ 1212で
  • 私たちの家は建てられました 十世紀の

6 前置詞なしの式

前置詞は前の時刻の表現には使用されません
次に、最後に、これ、one、any、each、every、some、all。

  • あなたを参照してください。 来週。
  • 空いてますか 今朝
  • 会いましょう ある日.
  • として どんなときも
  • 私は家にいます 毎朝.
  • 私たちは滞在した 一日中.

前置詞は以前には使用されていません 昨日、昨日の前日、
明日、明後日
?

  • 何してるの? 明後日?

時間どおりにまたは時間どおりに?

2つの前置詞を同じ名詞に使用できることがありますが、意味は異なります。

  • レッスンは8.30から始まり、私はいつも着きます 時間に。 (= 8.30)
  • レッスンは8.30から始まり、私はいつもそこにたどり着きます やがて。 (= 8.30より前、遅刻ではありません)
  • 最終的には 私たちは家に帰りました。 (=やっと久しぶりに)
  • 最後に 本のうち彼らは結婚します。
  • 二人の男がいる ビジネス。 (=彼らはビジネスマンです)
  • 二人の男はドイツにいる 商用で。 (=仕事のためにあり、休日のためにはありません)
  • で会いましょう 瞬間。 (=すぐに)
  • 私はあなたに話せません 現時点では。 (=今)

時間どおりに

時間通りに =時間厳守、遅刻はしません。
何かが時間どおりに起こるなら、それは計画された時間に起こります:

  • 11.45列車は時間通りに出発した。 (= 11.45のまま)
  • 7.30でお会いしましょう。 「さて、時間どおりにしてください。」 (=遅刻しないで、7.30にいる
  • 会議はよく整理されていました。 すべてが時間どおりに始まり、終わりました。

on timeの反対は遅れています。

  • 間に合う。 遅刻しないでください。

時間内に (何かのために/何かをするために)=すぐに十分:

  • 夕食に間に合うように家に帰りますか。
    (=もうすぐ夕食になります)
  • 私はEmmaに誕生日プレゼントを送った。 1は、(彼女の誕生日に)間に合うように到着することを願っています。
    (=誕生日またはその前に)
  • 私は急いでね。 私はテレビで試合を見るのに間に合うように家にいたい。
    (=すぐにゲームを見るのに十分な速さ)

の反対 時間内に is 手遅れ:

  • 私はテレビで試合を見るのに遅すぎて家に帰った。

あなたは言うことができます ジャストインタイム (=遅すぎる):

  • 列車に間に合うように駅に着いた。
  • 子供が車の前の道路に走った - 私はちょうど間に合うように立ち止まった。

リストO

あなたはおもしろいですか? OFFICIAL =許可、正式
公式訪問
公式の招待状
役所=うるさい、自尊心、
干渉する
役員秘書
公式ウェイター
上または上に? ときに言葉がある状況があります
常に別々に書く必要があります。 我々
これらを最初に検討します。
次のような場合は、必ず単語を別々に書いてください。
'to'は微妙な要素の一部です(例えば食べること、
話すこと、なること、見ること、など)
彼女は運転してブレーキをテストした。
興味のある問題としてあなたはすることができます
の '分離性'を再確認してください。
さらに2つの単語を区切り、
彼女がしたかったので彼女は運転した
休憩をテストします。
常に言葉を別々に書く
「に」というのは「に向かって」という意味です。
私たちはオックスフォードに向かって走りました。
繰り返しますが、この2つの単語は
さらに分離:
残りのいくつかをオンにしました
オックスフォードへのマイル。
「上に」または「上に」を書くことは許されます
「あなたが意味するとき」の位置に:
アクロバットは
ブランコ。
アクロバットは
ブランコ。
ただし、次の点に注意してください。
多くの慎重な作家は「上」を嫌います
常に「on」を使用してください。
'Onto'はアメリカではもっと一般的です
英語だが注意を払って
上記。

その他

いつ 他の 形容詞ですが、複数形はありません。

  • どこに 他の 写真? (ではない 他人 写真?
  • 持っていますか 他の 色?

いつ 他の 名詞なしで、単独で使用され、それは複数形を持つことができます。

  • いくつかの文法は理解しやすいです 他人.
  • 遅れますよ 教えてもらえますか 他人.

途中で、途中で、ところで、途中で、

方法で:

  • この椅子を動かしてください。 それは邪魔です。
  • 私があなたに示したようにあなたの仕事をしなさい。

途中:

  • 駅へ行く途中で、タバコを買いました。

この方法では:

  • 彼は古い封筒を保存します。 このようにして、彼はたくさんの切手を集めました。

ところで:

  • さて、あなたは最近ハリーを見ましたか?

ある意味では:

  • ある意味で、それは重要な本です。