午後、夕方そして夜

午後 への変更 夕方 暗くなり始めると、多かれ少なかれ。
ただし、時期によって異なります。
夏には、言ってやめる 午後 たとえまだ明るくても、6時までには。
冬は言い続けます 午後 たとえ暗くても、少なくとも5時まで。

への変更 就寝時に多かれ少なかれ。

注意してください こんばんは 通常「こんにちは」という意味 お休みなさい 「さようなら」を意味する
それは人々を迎えるために決して使われません。

  • A こんばんは ひどい天気でしょ?
    Bはい、 恐ろしい。
  • A:数週間雨が降りませんでした。 そうですね。 行かなきゃいけない。 お休みなさい
    B お休みなさい

アットインオン(時間)

正確な時刻に

一日のうちに

+特定の日に

+週末、祝日

より長い期間

1 正確な時間

  • 私はいつも起きます 6時に
  • お会いしましょう 4.15で
  • 電話して 昼食時間に

非公式の英語では、 何時に…?
(何時に…? 正しいですが、変わっています。)

2 その日の一部

  • 私は最高の仕事をします 午前中に
  • 三時 午後に
  • 私達は通常出かけます 夕方に

例外:夜間

を使用しております on 私たちが話しているのは午前/午後/ etcなどと言うと、
あるいは、朝/午後/などを記述した場合

  • あなたを参照してください。 月曜日の朝
  • それがあった 寒い午後に 早春に…

3 日々

  • 電話します 火曜日に。
  • 私の誕生日 月21stに。
  • 彼らはパーティーを開いています クリスマスの日に。

非公式のスピーチでは、私たちは時々省略します(これはアメリカ英語で一般的です)

  • 私は彼女に会いました 日曜日の朝。

複数形(日曜日、月曜日など)の使用に注意してください。
繰り返しの行動について話すとき。

  • 我々は通常おばあちゃんを見に行く 日曜日に。

4 週末と祝日

を使用しております at クリスマス、新年、祝日のすべてについて話す
イースターと感謝祭(アメリカ)

  • あなたは去りますか イースターに?

休日のある日について話すのに使っています

  • それは起こった イースター月曜日に。

イギリス人は言う 週末に。 アメリカ人は使用します。

  • あなたは何をした 週末に?

5 より長い期間

  • それは起こった その週に クリスマス後
  • 私は生まれた 3月
  • ケントはきれい 春に
  • 彼は死んだ 1212で
  • 私たちの家は建てられました 十世紀の

6 前置詞なしの式

前置詞は前の時刻の表現には使用されません
次に、最後に、これ、one、any、each、every、some、all。

  • あなたを参照してください。 来週。
  • 空いてますか 今朝
  • 会いましょう ある日.
  • として どんなときも
  • 私は家にいます 毎朝.
  • 私たちは滞在した 一日中.

前置詞は以前には使用されていません 昨日、昨日の前日、
明日、明後日
?

  • 何してるの? 明後日?

のように

Like = '似ている'、 '同じ'。

  • なんて美しい家でしょう。 宮殿みたいだ (ない 宮殿として)
  • 「サンドラは何をしますか?」 「私のように、彼女は先生です。」 (ない 私のように)
  • 注意してください! 床は磨かれています。 氷の上を歩くようなものです。 (ない 歩くように)
  • また雨が降っている。 こんな天気が嫌いです、 (ない これとして)

これらの文章では、 前置詞。
それでそれは続きます 名詞 (宮殿のように)、 代名詞 (私のように/このように)または-ing(歩くことのように)。

「…(誰か/何か)が何かをするのが好き」と言うこともできます。

  • 'その騒音は何ですか? 「赤ちゃんが泣いているようですね」

時には=のように

  • モーターレースのようなスポーツでは危険なものもあります。

(=など)のように使うこともできます。

  • モーターレースのようなスポーツは危険です。

As =と同じ方法で、または同じ条件で。

以前と同じように使っています 主語+動詞:

  • 私は何も動かさなかった。 私はすべてをそのままにしました。
  • 私が示したように、あなたはそれをしたはずです。

インフォーマルな話し言葉の英語でも同様です。

  • 私はすべてをそのままにしました。

と同じように比較してください。

  • 私が示したように、あなたはそれをしたはずです。 (または私があなたに見せたように)
  • あなたはこのようにしたはずです、 (ない これとして)

我々はいつものように/いつものように言うことに注意してください。

  • あなたはいつものように遅れています。
  • いつものように、ニックは文句を言った最初の人でした。

時々(+ 主語+動詞) 他の意味があります。

例えば、doの後:

  • あなたは好きなようにすることができます。 (=好きなことをする)
  • 彼らは約束通りにした。 (=彼らは約束したことをした)

私達はまたあなたが知っているように/私が言ったように/彼女が期待したように/私が思ったように/ /

  • ご存知のとおり、来週はエマの誕生日です。 (=あなたはもうこれを知っています)
  • アンディは予想通り運転免許試験に失敗した。 (=彼は以前にこれを期待していた)

sayを除いて、これらの式ではlikeは普通ではありません(私が言ったように)。

  • □昨日言ったように、私たちは問題を解決できると確信しています、 or 私が昨日言ったように…

またすることができますように 前置詞、 しかし、意味はlikeとは異なります。

  • Sue Caseyは会社のマネージャーです。
    マネージャーとして、彼女は多くの重要な決断をしなければなりません。
    (管理者として=管理者としての地位にある)
  • Mary Stoneがアシスタントマネージャーです。
    マネージャー(Sue Casey)のように、彼女も重要な決断をしなければなりません。
    (マネージャのように=マネージャに似ています。)

As (前置詞)= の位置に、などの形で:

  • 数年前、私はタクシー運転手として働いていました、 (ない タクシー運転手のように)
  • 私たちは車を持っていないので、私たちはワークショップとしてガレージを使います。
  • 「仕事」や「雨」などの多くの単語は、動詞または名詞として使用できます。
  • ロンドンは訪れるのにふさわしい場所ですが、私はそこに住みたくありません。
  • その悲劇のニュースは大きな衝撃として現れました。

前後に

- 越えて   オーバー =の反対側。 の反対側に

- 好む オーバー =高いものの向こう側への移動

  • あの女はなぜ登るのですか オーバー 壁?

- 好む 越えて =平らな領域の反対側への移動。

  • 歩くのに6週間かかりました 越えて 砂漠。

みんな、みんな、すべて

- 全て 一人ではない=

  • 人々は立ち上がった
  • 立ち上がった 立ち上がった)

- +相対節(= (あれ)…)=すべて

  • (あれ)私はあなたのものです エブリシング...)
  • エブリシング あなたのものです あなたのです)
  • 彼女は失われました 彼女が所有していた(または…エブリシング 彼女が所有)
  • 彼女は失われました エブリシング (彼女はすべてを失ったのではない)

- =負の意味=それ以上=何もない=唯一のこと

  • これは 私が持っている
  • 寝たい場所です

- それは =終了しました